8522レ D51200牽引SLやまぐち号  18−6−16  津和野ー船平山(鳴滝踏切付近)

同上 本門前踏切
D51200牽引SLやまぐち号  ・8521レ地福発車 ・8522レ本門前踏切  18−6−16



8521レ D51200牽引SLやまぐち号 18−6−17宮野ー仁保(私有地の為許可を得て撮影)
同上動画


私の復活蒸機撮影の原点は39年前のSLやまぐち号運行開始の日。
上り9522レは津和野町から国道9号線へと登る道から線路を俯瞰する場所で捉えた。
津和野へ来るたび、異常に暑く、取材
ヘリが上空を飛んでいたあの日を思い出す。

<再掲>
79−8−1 津和野ー船平山
特急列車も当時は長い編成であった。
1024D おき4号  キハ181系×6
(撮影日同上、時刻は9522レより前)
今回のやまぐち号撮影行の折、当時の場所へ寄ってみた。木々が育ち状況は大きく変わっていた。背の高い脚立があればもう少し見渡せそうだが撮影はやはり困難に思える。
あの日が懐かしいと同時に年月の経過が身に染みる。
18−6−16



  (存在が身近すぎてあまり撮っていない箱根登山鉄道)  上り 1002+2201+1001
18−9−6  横から早朝の日が差し込む上大平台信号所  (信号所敷地外から撮影)

  引退の発表がされた旧型  上り  109+107+103



  生憎の小雨模様のなかを走るコデ165+5502F大場入場甲種輸送
  18−9−7 10:32 大雄山線和田河原ー塚原

  当日朝小田原毎時12分発に赤電の運用が入っている場合、JRへの受け渡し入れ替えは赤電を使用して行なわれる。昨年6月の時には赤青黄3色混結になったが今回は赤青茶となった。11:04 小田原

  入場予定車5502F下り方に赤電連結、11:05。

  コデ165から開放し本線上へと引き上げ、11:07。

 JRとの連絡線上へと進みコキと連結へ、11:11。なお本日のJR機はEF652060。

  赤電を開放し、入場予定車はJR貨物線上へと取り込まれて行く、11:14。

  毎度の事ながら数分の遅れにはなったが受け渡し作業は無事終了、11:15。
コデはホーム先端へと少し移動。

  小田原構内入れ替えに赤電が使用された場合、大雄山線唯一の相対式ホームの相模沼田で
大雄山戻りのコデと小田原行き赤電が並ぶ光景が見られる。
但し入場の場合、出場の時と比べて小田原構内の入れ替え工程数が多く時間がかかるため、入れ替えが大幅に遅れた場合、上下1本ずつ追加運休として遅れを消し去る措置を採る場合がある。この措置をされてしまった場合は上下列車の交換パターンがずれてしまい、相模沼田での顔合わせは実現しなくなってしまう。今回は数分の遅れで済み、追加運休が無かった為、念願の本線上での並びが撮れて満足であった。11:48
なお余談ではあるが午前中2時間程の甲種輸送がらみの変則ダイヤの時間帯が過ぎると、午後からの毎時の
出発時刻と使用車両が朝と全く同じパターンに戻るように運用が組まれている。



 8860レ EF652076牽引 東京地下鉄13000系×7甲種輸送(後追い) 18−9−9 白糸川橋梁 



  14レ 18−9−17  大雄山線飯田岡ー穴部

  47レ(後追い)  塚原ー和田河原



  (赤電が運用に入ってなかった2日前の再履修) 251レ(後追い)
18−9−19  大雄山線塚原ー和田河原

  70レ  井細田ー緑町



その1へその2へその3へ その4白糸川特設へその5へ
その6へその7へその8へ その9へその10へ
その11へ その12へ その13へ その14へその15へ
その16へその17へその18へ その19へ その20へ
その21へ その22へその23へ その24へその25へ
ホームへ

inserted by FC2 system